Return to site

第十六回「春雨」

昔は、音楽も耳で聴いていなかったし、小説も目を使って読んでいなかった。映画も目や耳を使っていなかった。恋だって五感なんか使っていなかった。

そう、心で向き合っていた気がする。

最近はどうだろう。耳を傾け、目を凝らし、脳みそを働かせ、必死に感動しようとしている。年を重ねれば重ねるほど、難しくなっていくけど、そんなんぶっ飛ばして魂にダイレクトに響くものにこそ、出会いたい。

ただアメリカの恋愛ドラマと、学園ものアニメは例外である。奴らは、意図も簡単に心に土足で入って来ては俺の心を揺さぶり、呆気なく去っていく。観終わった時に残っているのは、浮き彫りになった自分の退屈な日常だけだ。中毒者のように、また次の作品を見つけないことには身体が持たない。
_________________

相変わらずベースしんのすけは、
"お手本"のことをずっと「おみほん」と言うし、外国人に向かって"お飲み物"のことを「おドリンク」と言うし、"山下達郎"が流れていると"イマタツいいよね"と言うし、"貧乏ゆすり"を「じんましん」と聞き間違えるし、夕陽を月と間違えるし、もうメチャクチャだ。

ライブリハ中に演奏しながら、しんのすけに向かって

「コーラス歌って!」と、口パクで指示を出すとなにを勘違いしたのか、俺が投げキスをしたと思ったらしく、恥ずかしがりながら嫌々、投げキスを返して来たりする。

「もう、フルくん困ったなぁ。」みたいな顔して。

勘弁して欲しい。本番でも投げキスなんかしないのに、リハーサルでするわけないだろ。
_________________

花見シーズンに、雨が降ると何故か嬉しい。
理由は一つ。誘われないからだ。

p.s 今日からライブで大阪に二日間ほど滞在予定。久しぶりに東京を離れられて、ホッとしている。明日は、梅田でライブだー。

photo by しんのすけ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK